にきび予防のためにホルモンバランスの安定を

にきびができる原因の一つがホルモンバランスの乱れです。

ホルモンバランスが乱れることで、男性ホルモンが過剰になると、皮脂の分泌量が増加してしまう傾向があります。
思春期には、多くみられる現象といえますが、思春期が過ぎて大人になっても、生活習慣が乱れていると、ホルモンバランスが安定せず、皮脂の分泌量が増えてしまうこともあり、にきびができやすい場合もあります。にきび予防をするためには、ホルモンバランスを安定させる必要があり、ホルモンバランスが乱れる原因となる、生活習慣を改善していくことが予防のためには重要です。



不規則な生活で、寝不足などしていると、ホルモンバランスに影響がでることがあります。また、ストレスを溜め込んでしまうと、自律神経やホルモンバランスが乱れてしまうため、規則正しい生活を心がけ、睡眠をしっかりとれる生活をすることでホルモンバランスが乱れないようにしましょう。

ストレスを溜め込んでしまう場合には、うまく発散できるような環境を作ることで、改善していきましょう。

ストレスは誰しもが少なからず抱えているものです。
あまり深く悩まず、周囲に相談したりすることで悩みを解決していくことも大切です。

また、休日を利用して気分転換のために遊んだり、旅行やスポーツを楽しむのもいいでしょう。



趣味に没頭して、仕事のことを忘れ、楽しい気分を味わうこともストレス解消する方法の一つです。

ニキビ予防のためにも、生活の中でうまく工夫することで、悪い生活習慣などがあった場合には改善していくことが大切です。