スキンケアでにきび予防

にきび予防の基本となるのが、毎日のスキンケアです。

特に保湿はしっかり行いましょう。

エキサイトニュースの特徴をご紹介する情報です。

症状が出ると「皮脂が増えそう」という理由で、保湿のスキンケアをしない方も少なくありません。

確かに皮脂の分泌が多い肌だと、毛穴も詰まりやすくなり、アクネ菌も増殖してしまうので症状が悪化してしまいがちです。

ただ、スキンケアを疎かにしてしまうと、かえって皮脂分泌が増えたり、ケア不足によって他の肌トラブルを引き起こしてしまうケースがあります。



肌が乾燥していると、水分の代わりにと皮脂を多く分泌するようになります。保湿ケアをしない事で余計に皮脂が増えてしまうのです。


ですので、にきび予防としては保湿ケアが基本となります。

洗顔後は、しっかり化粧水で肌に水分を与えましょう。

化粧水を使った後は、必ず乳液かクリームを塗る事も大切です。

乳液やクリームを塗ると症状が悪化してしまいそうですが、水分の蒸発を防ぎ、肌を保護する為にも必要なスキンケアです。この時、べたつきが気になるという方は、オイルフリーの乳液やクリームでケアしましょう。


オイルフリーであれば皮脂が多い肌でも、べたつき感が少なくなります。
また、乳液やクリームのこってりとしたテクスチャーが苦手という方は、ジェルタイプの基礎化粧品でのケアがおすすめです。



ジェルタイプは肌にスッと馴染み、べたつきにくい点が特徴です。

毎日のスキンケアを丁寧に行う事が、にきび予防そして改善の近道なのです。